入門編 第1回

地域主体で森林とともに生きるまちをめざす
キックオフ講演会

日時:2016年10月11日(火)1900~21:00

場所:高山市役所市民ホール

基調講演: 澁澤 寿一 氏(NPO法人樹木・環境ネットワーク協会 理事長)
コーディネーター: 畑中 直樹 氏(㈱地域計画建築研究所(アルパック)役員

木質バイオマス熱供給ビジネスセミナーキックオフ講演会を開催しました。

「地域主体で森林とともに生きるまちをめざす」というテーマにて約2時間にわたる講演会を行いました。

基調講演では「森と共にある暮らし 地域×森×エネルギー×過去×未来」というテーマにてお話いただきました。従来の経済発展を追い求める暮らしから見えてくる課題、若い世代が感じている未来への不安について考え、森とともに生きてきた山村地域がもつ”持続可能な暮らし”の知恵と心を学びました。地域が主体となる木質バイオマスの取り組みには、たくさんの関係者が”当事者”となり、複雑で煩わしさを兼ね備えたシステムであることが重要なのであるという点は非常に印象に残る学びであったと思います。

また、フロアディスカッションでは、循環可能な木質バイオマス事業の考え方、山を生かし生かされる生活に対する考え方、都会へ出ていった若者を呼び戻し巻き込んでいく方法について等、様々な質問が出されました。

 

【開会あいさつ】

img_0211
副市長より

 

 

 

 

 

 

【基調講演の様子】

img_0219
澁澤氏による講演
img_0217
基調講演の様子

 

 

 

 

 

 

【フロアディスカッションの様子】

img_0239

img_0241

 

img_0250

 

 

img_0248img_0242

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【閉会あいさつ】

img_0253