技術編 第2回

木質資源活用から見る森林の現状

日時:2016年11月5日(土)130~17:00
場所:高山市民文化会館4階4-9会議室
講師: 長瀬 雅彦 氏(たかやま林業・建設業協同組合専務理事) 

木質バイオマス熱供給ビジネスセミナー第2回を開催しました。

「木質資源活用から見る森林の現状」というテーマにて日本と海外の森林の現状比較や林業の捉えられ方の違い、高山市における林業・建設業協同の木質資源活用事業の取組概要についてお話を頂きました。ドイツやスイスのフォレスター制度について学び、彼らの働き方や地域での役割さらには日本の森林・林業に対するメッセージは非常に印象的でした。「ヨーロッパの森林とは地形や生態系が異なるから・・・」と考えるよりも「なぜその取組をするのか」考え実証していくことが必要であるというお話でした。

また、ワークショップでは、”どんな森をつくりたいか”、”山林所有者とフォレスターがどう連携するか”というテーマで活発な議論が繰り広げられました。

【座学の様子】

img_0263img_0264img_0268img_0275

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【グループワークの様子】

img_0283img_0289img_0295img_0297img_0302img_0311